このエントリーをはてなブックマークに追加

しっかり保湿とスキンケアで脱混合肌!

しっかり保湿とスキンケアで脱混合肌!

多くの人が悩みを抱えている混合肌ですが、保湿が重要だということはご存知でしたか。混合肌の方がするべき正しい保湿の方法と、スキンケアについてご紹介します。

混合肌には保湿が大事

部分によって乾燥したりベタついたりする肌質の混合肌。油分の多い部分があっても、実は顔全体は乾燥しています。

混合肌には保湿をして乾燥を防ぐことが大切です。そもそも混合肌が乾燥する仕組みと、正しい保湿の方法について見ていきましょう。

混合肌の仕組み

混合肌はTゾーンとUゾーンで大きく肌質が異なるのが特徴。おでこや鼻のTゾーンは、皮脂腺が多く乾燥すると皮脂を出すのでベタつきやすいです。

それに対し頬や顔周りのUゾーンは、皮脂腺が少なく乾燥によって肌のバリア機能が弱まり、肌が荒れやすくなります。

混合肌が外部刺激を受けた場合、Tゾーンは皮脂膜によって油分を出して肌を守ろうとする一方、Uゾーンは皮脂膜が少ないので肌が乾燥します。

そのため混合肌というのは、肌の表面全体が乾燥した状態。乾燥すると肌のバリア機能が低下して、外的刺激を受けやすくなります。このバリア機能を回復させ肌トラブルを防ぐために、混合肌の方はしっかりと保湿をしましょう。

混合肌さんの正しい保湿の方法

乾燥した肌には、化粧水やクリームでしっかりと保湿を行うことが大切です。オイリーな部分も乾燥した部分も保湿性に優れたものを選びましょう。

Tゾーンは油浮きが気になって、さっぱりタイプの化粧水など使いたくなるかもしれませんが、逆効果になってしまうので要注意。顔全体は保湿した上で、特に乾燥が気になる部分にはじっくりなじませるように、量で調節するといいでしょう。

Tゾーンのベタつきには不要な油分を取り除いて水分補給、Uゾーンはとにかく水分補給して保湿するのが大切です。季節や生活環境によって、大きく変化する混合肌。効果的に保湿するためにも、自分の肌についてよく知っておくとも大事です。

混合肌の正しいスキンケア

混合肌の正しいスキンケアの流れについて説明していきます。

クレンジング

混合肌のクレンジングにはクリームタイプやミルクタイプなどの、必要な皮脂や水分を残してくれるものがおすすめ。

オイルタイプやシートタイプはTゾーンの皮脂を取り除きすぎて、過剰分泌の原因になる恐れもあります。やさしく素早くクレンジングするのがポイントです。

洗顔

混合肌の洗顔には無添加の固形せっけんを選ぶのがおすすめ。クレンジングのときと同じで、皮脂を取り除きすぎないことを意識し、たっぷりの泡で素早く洗うのが大切です。

化粧水

混合肌の化粧水は、保湿性の高い乾燥肌向けの化粧水がおすすめです。洗顔後は肌の水分が蒸発しないように、できるだけ早く化粧水を塗って保湿しましょう。

化粧水を塗る際は、コットンよりも手で塗るのがおすすめ。手にとって温めることで肌なじみがよくなるので、効果的に保湿できます。

化粧水後の保湿

混合肌は化粧水後に、高保湿の美容液やクリームで保湿の仕上げをするのが大切。保湿性に優れたセラミド配合のものがおすすめです。顔全体にまんべんなく塗り、ベタつきが気になる部分にも必ず塗るようにしましょう。

正しいスキンケアと保湿できれいな素肌へ

混合肌の悩みを解消するには、正しいスキンケアとしっかりとした保湿が重要です。日々の生活の中で変化する自分の肌をよく知り、自分にピッタリのスキンケアアイテムを選ぶのも、脱混合肌への近道です。

スキンケア通販のアプロスでは、肌の潤いを保護してくれる保湿クリームなど、多数のスキンケア商品を取りそろえています。ぜひ一度ご覧ください。

セルフューチャー 保湿クリーム (約2ヶ月分)

しっとりと保湿するのにべたつかず、セラミドのネットワークであるセラキュートが肌内部の水分の蒸発を防ぎ、肌の表面を覆いながら大切な肌のうるおいを保護します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月13日  by apros-press

関連する記事