このエントリーをはてなブックマークに追加

混合肌に合う美容液とお手入れのポイント

混合肌に合う美容液とお手入れのポイント

部分的に肌質が違う混合肌。肌トラブルを防ぐために、正しく美容液を選ぶことが重要です。混合肌の特徴、美容液の選び方とお手入れのポイントをご紹介します。

混合肌の特徴と原因

混合肌の特徴と原因となりうる要因について見ていきます。

混合肌とは?

混合肌とは部分的に肌質が違う肌のこと。鼻筋や額やTゾーンなどは、油浮きしてテカリやベタつきが目立つ一方、顎や頬などのUゾーンは乾燥するのが特徴です。日本人の約7割が混合肌といわれるほど、多くの方が悩みを抱えている肌質です。

混合肌の原因

混合肌はもともとの体質だけでなく、普段の暮らしの中で誰でもなりうる肌質。混合肌の要因は、内的要因と外的要因に分けられます。

内的要因として挙げられるのは、ストレスやホルモンバランスの乱れや寝不足などです。これらの内的要因は体全体に支障をきたすものですが、肌のコンディションの乱れも目に見えて明らか。

外的要因として挙げられるのは、喫煙やアルコール、紫外線やエアコンによる乾燥、食生活や間違ったスキンケアなどです。普段の生活の中で肌は常に刺激を受けているだけでなく、肌に合ってない化粧水や美容液も強い刺激になるので注意が必要。

混合肌に合う美容液とお手入れのポイント

ベタつきと乾燥が混合しているので、お手入れが大変そうな混合肌。肌トラブルを防いで普通肌に近づけるためには、混合肌に合ったスキンケアが重要です。

混合肌の本質は、肌全体が乾燥している状態。肌が乾燥すると外的刺激から肌を守るバリア機能が低下し、外的刺激を受けやすくなってしまいます。

混合肌の場合、肌トラブルを引き起こさないために、保湿をしてこのバリア機能をサポートするのがポイント。

混合肌のお手入れには保湿成分の配合された美容液を使用して、肌の水分量を増やすのが大事です。混合肌に合った美容液と、お手入れのポイントについてご紹介します。

セラミド入りの保湿美容液

高い保湿効果が期待できるのがセラミド成分。セラミドを主成分とする細胞間脂質が、層を作って水分を層の間に挟みこんで保持するので、保湿力に優れています。

セラミドは角質層に存在する成分なので肌の内部まで浸透でき、ヒアルロン酸やコラーゲンよりも保湿力が高いといわれています。もともと肌の角質層に含まれているので、敏感肌の方でも安心。

脂質であるセラミドは水に溶けることがほとんどないので、セラミド配合の化粧水よりも、より高濃度の美容液でセラミドを取り入れましょう。

セラミド美容液のお手入れのポイント

セラミド美容液を使用する前には、化粧水で肌の水分量を上げて浸透しやすくするのが重要です。顔全体にまんべんなく塗り乾燥が気になる部分には多めに塗って、特に保湿する部分とそうでない部分を使い分けるのが、混合肌には効果的です。

また、美容液を肌に擦りつけないように注意してください。全体に軽く叩きこむイメージで塗り、混合肌によるダメージを防いでいきましょう。

混合肌には自分に合った美容液を

部分的に肌質が違いお手入れの難しい混合肌ですが、正しいスキンケアで、肌トラブルのないきれいな肌に近づくことができます。

混合肌には保湿成分の高い美容液を選ぶのがおすすめ。バランスのとれた保湿を心がけて、自分に合った効果的なお手入れをしていきましょう。

スキンケア通販のアプロスでは、厳選した美容成分を配合した美容液を取りそろえています。混合肌のスキンケアでお悩みの方は、ぜひ一度試してみてください。

セルフューチャー 浸透美容液(約2ヶ月分)

浸透美容液は、洗顔後すぐ、いつもの化粧水やオールインワンクリームの「前に」お使いいただくだけで、肌表面の角質を柔らかくしてスキンケアの美肌成分を浸透しやすくする導入美容液です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月14日  by apros-press

関連する記事