このエントリーをはてなブックマークに追加

ほんとうは朝どうしたらいい?混合肌の洗顔

ほんとうは朝どうしたらいい?混合肌の洗顔

混合肌の場合は朝の洗顔なしでもよいのか、本当のところはあまりよく知られていません。朝洗顔なしが美容にいいとの情報も含め、混合肌の人の上手な朝の洗顔方法をまとめました。

朝の洗顔の目的は夜の汚れを落とすこと

朝の洗顔はなぜ行うか考えたことがありますか?小さい頃から起きたら「顔を洗いなさい」と言われたからと、なんとなく惰性で洗っていませんか?朝の洗顔は夜に分泌した皮脂や汗、空気中のほこりのくっついたものなどをきれいにするのが目的。

夜は新陳代謝も盛んな時間帯。ターンオーバーで角質層もはがれます。そのような汚れを洗顔で落とし、化粧水などがしみこみやすい肌環境を作るのが朝の洗顔の大事な役割なのです。

夜のメイク落としを兼ねた洗顔はもちろんのこと、朝の洗顔もとても大事。混合肌に限らず、すべての人に”きれいの基本は洗顔”だといえるでしょう。

混合肌の洗顔で気をつけるポイント

洗顔のときの気配りが健康な肌に近づける第一歩です。

肌の状態をよくチェックする

混合肌の人の洗顔のポイントは、脂っぽい部分と乾燥する部分をよく観察すること。特に朝は、肌の状態をきちんと確認できる絶好のチャンスです。

朝の洗顔前には、何もつけずに手のひらで顔全体を触ってチェックし、洗顔方法を変えるとよいでしょう。

皮脂を落としすぎない

混合肌で気になるテカリ。化粧崩れの原因にもなるTゾーンの皮脂は落としたいという気持ちはよく分かります。でも、皮脂の落としすぎは逆効果。皮脂を落とすために熱いお湯や洗浄力の強い洗顔料を使うと、肌に必要な皮脂までが落ちます。

そうなると体は肌を乾燥から守るためにまず皮脂を出すので、Tゾーンはすぐに脂っぽくなり、ほかはカサカサのまま…と困った状態になってしまいます。

Tゾーンが気になる朝の洗顔方法

Tゾーンが気になったり、なんとなく皮脂が多い朝の洗顔は、洗顔料を使うのがオススメ。ただし、皮脂を落としすぎないように、洗浄力が穏やかなものや保湿作用があるものを選んでください。

Tゾーンだけ洗顔料をのせてそっと洗いましょう。ゴシゴシ洗いは厳禁。そのほかは洗顔料があまりいらない部分。洗い流すときに洗顔料が溶け込んだお湯が当たるだけでも十分です。

石けんをしっかり洗い落とすためには充分なすすぎが必要。30~35度の体温より低いぬるま湯をできれいに洗い流すのがベストです。

乾燥が気になる朝の洗顔方法

頬が突っ張ったり、目尻のしわが気になる朝は、肌が乾燥に傾いていますから皮脂を落とさないように洗顔します。水に近いぬるま湯で洗顔するだけでもよいでしょう。

Tゾーンの皮脂が気になるときは、35度くらいのぬるま湯でTゾーンに当てるように洗い、それ以外の部分は30度くらいのぬるま湯で洗顔します。

皮脂は30度で溶けることが分かっています。体温より低いですから”ちょっと冷たいけど大丈夫かな”というくらいの温度。皮脂がやっと溶け出すくらいの温度でしっかりすすげば、皮脂を余分に落とさずに汚れをきれいに落とせます。

朝洗顔なし美容は水やお湯で洗顔する方法

朝洗顔には目的も役割もあります。実は”朝洗顔なし美容”を正確に表すと”朝洗顔料なし美容”になります。天然の保湿クリームを作る皮脂を

完全に洗い流さないために、石けんや洗顔フォームなどを使用せず、水に近いぬるま湯で顔を洗うのが朝洗顔なし美容の方法。保湿に心がけながら、汚れだけを落とすというのが朝洗顔なし美容の本質です。

気むずかしい混合肌の朝洗顔は保湿とともに

日によって肌の状態が一定しない混合肌のケアは難しいもの。忙しい朝に、十分に時間をかけられず、水洗いだけでは汚れが落ちるか不安という方もいるでしょう。

”保湿をしながら、手早く汚れが落とせれば…”という声に応えたのが、アプロスの洗顔バーム。トロッとしたテクスチャーで、きれいに洗ってしっとり肌へ導きます。”忙しいけどきれいはあきらめたくない”、そんな女性にぴったりの洗顔料です。

洗顔バームはお肌にやさしいメイク落とし兼洗顔料です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月16日  by apros-press

関連する記事