このエントリーをはてなブックマークに追加

混合肌、どんなパックを使えばいい?

混合肌、どんなパックを使えばいい?

正反対の肌質が隣り合わせの混合肌にあうパックには条件があります。どのようなパックをどう使えばいいのか、注意点も含めて混合肌のパックについてまとめました。

混合肌の状態

もともとTゾーンには皮脂腺が多く、Uゾーンは皮脂腺が少ないので、どのような肌も混合肌のように感じやすいともいえます。Tゾーンが脂っぽくUゾーンは普通の人は脂性肌、Tゾーンは普通でUゾーンが乾燥するだけの人は乾燥肌です。

Tゾーンが脂っぽく、Uゾーンが乾燥しているのが混合肌。混合肌の多くは、皮脂は足りているけれど水分が足りていない状態です。

水分も皮脂も足りなくなると敏感肌になることも。肌トラブルを回避するためにも、きちんとケアをしたい肌質です。

混合肌に合うパック選びの条件

混合肌のスペシャルケアのためには、どのようなパックを選べばいいでしょうか。

水分を与える~保湿

混合肌の脂っぽい部分も乾燥が原因かもしれません。インナードライ肌といわれ、皮膚表面の皮脂をとりすぎたために、皮脂腺の多いところでは皮脂が多く分泌されるという状態です。

”保湿”というとクリームなどで油分を与えるものと思っていませんか?保湿は字の通り、”しっとりと湿った状態を保つ”のがベストなのです。最近では”保水”と表されることもあります。

角質層へしっかり水分や保水力のある成分を浸透させられるパックが、混合肌の大きな味方です。

やさしく汚れを落とす~毛穴・角質ケア

Tゾーンが脂っぽい混合肌の悩みで多いのは、脂性肌と同じく毛穴の悩み。毛穴の汚れが気になるときに毛穴パックを行っていませんか?

はがすタイプの毛穴パックは、肌に負担をかけることも多く、肌トラブルが起こりやすい混合肌にはあまりおすすめできません。

角質が必要以上にはがれてしまうと、肌を守るために皮脂が過剰に出てしまうことも。汚れを浮かせたり、吸着して洗い流すタイプのパックがおすすめです。

皮脂が多いときやTゾーンは、汚れや皮脂を吸着する穏やかなタイプのクレイパック、乾燥がひどいときやUゾーンには、クリームやオイルなど汚れを浮かせる油分のあるパックと使い分けましょう。

炭酸(二酸化炭素)パックは汚れを浮かせ、どのような肌にも使用できますので混合肌に合っています。汚れをやさしくきれいに落とせば、肌のトーンが明るくなることも期待できます。

栄養を与える~つややかな肌に

混合肌の多くは水分や油分など、肌に必要なもののバランスが崩れている状態。不足している状態を整え、バランスの取れた肌に近づけるために、美容成分が含まれたパックを選ぶとよいでしょう。

ただし、使いすぎは禁物。体が栄養過多になるとさまざまなバランスが崩れるように、肌も栄養過多になると自分の力で必要なものを作らなくなり、逆にバランスが崩れます。

肌の調子をみてパックをする

パックはスペシャルケア。肌の調子をしっかりチェックしながら、そのときの肌にあったものを選ぶとよいでしょう。ちょっと元気がないときは保湿や栄養を与えてくれるパック、テカリが気になるときは汚れを落とすパックが向いています。

肌に負担をかけないためには、あまり長時間やらないのもコツ。肌の調子が気になるときは、短時間で数日間の集中パックがオススメです。

混合肌には肌に負担をかけないパックを

トラブルを起こしやすい混合肌は、実はデリケート。その上、正反対の肌質が一つの顔にあるため、スキンケアが難しくパックを選ぶのにも悩む肌質です。

アプロスの泡立つホワイトパックは、混合肌でも顔全体に使える高濃度の炭酸パック。顔におくとすぐに泡立つ炭酸の力で汚れを落とし、明るい肌へ導きます。

こだわったのは年齢を重ねた肌に働きかける成分。混合肌のスペシャルケアに、一度お試しください。

炭酸ホワイトパック

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月21日  by apros-press

関連する記事