文字サイズを変更:

アスタキサンチンとは

年齢肌と闘う待望の天然系美容成分

赤い天然色素は、いのちの色。

“アスタキサンチン”とは、マリンビタミンとも呼ばれるカロテノイドの一種で、サケ、エビ、カニなどに多く含まれる天然の赤い色素です。
サケの身は、海のプランクトンや藻類に含まれる“アスタキサンチン”を食物連鎖で取り入れているから赤いといわれています。川上りの過激な活動と強烈な紫外線によるダメージに負けないよう、体内のアスタキサンチンが健康に保ってくれるのです。

鮭の一生を支えるアスタキサンチン

もともと白身の魚であるサケは、エビなどの甲殻類を食べてからだにたっぷりとアスタキサンチンを蓄え、その身を赤く染めていきます。サケが川を上る、海から淡水の川に移動し赤い卵を産む・・・サケの生きる力、そしてその生態系の全てにアスタキサンチンが関係しているのです。

アスタキサンチンの特徴はエイジングケアの性質。

アスタキサンチンのエイジングケアパワーは、ビタミンCの約6,000倍

アスタキサンチンは、日々の生活の中で紫外線により発生するさまざまなダメージから守る働きに優れており、さらに肌の保湿力を高める働きもあります。

「一重酵素を消去するチカラ比較」
第21回 カロテノイド研究談話会
※富士化学工業調べ


アスタキサンチンをエサに混ぜて2週間与えた鶏の卵(右)と与えなかった鶏の卵(左)。同じ環境下なのに、黄身の高さや色の違いに差がでました。
ここから私たちへの“アスタキサンチン”の働きがイメージできます。



APROS

JADMA

ご注文&お問い合わせ

フリーコール 0120-92-2323
受付時間/9:00?21:00

copyright